ニキビはいつからか吹き出物とよぶらしい

繰り返すぎっくり腰。自分でもきちんと予防

ニキビはいつからか吹き出物とよぶらしい

乾燥肌でもなく脂性でもないと思いながら過ごしており、特に肌のことを気にせず運動部の練習に明け暮れ過ごしていたのですが、高校に入り帰宅部になったころからポツポツとニキビが出来始めました。初めのうちはそれほど気にしていなかったのですが、だんだんと数が多くなってきました。そのうち膿をもったりひどくなることもたまにありました。運動をやめて汗をかかなくなって代謝が悪くなったのかな、ポテトチップスやチョコレートの食べ過ぎかななどと思っていました。しかし食べ物に気を付けたり、市販のニキビ用の薬を使ってもよくならずどんどん増えるしひどくなってきました。掻いたり触ったりしてないのに中に水のようなものがたまり、それが破けて垂れるという事態にまでなってしまったので、皮膚科に受診しました。自分が思っていたより酷かったようで、まずはニキビをピンセットのようなもので潰され、塗り薬を塗る治療でした。するとどんどんよくなってきました。ニキビができていると思い、顔を洗い過ぎていたようで、乾燥からもニキビができると知りました。受診してよくなっていたのですが、二十歳を過ぎたころ、生理前などまたできるようになりました。職場の先輩に、またニキビが出来ちゃいましたという話をしていたら、「二十歳を過ぎたら吹き出物っていうのよ」と言われとてもびっくりやらショックやら笑えるやらだったのを覚えています。乾燥でもできるし、かといって保湿し過ぎてもできるしとても難しいです。しかし便秘でも出るし、体の中も整えることも大事だなと感じます。化粧を薄くしたいと思い、昔のニキビ跡が出てくるので、飲み過ぎないように気を付けています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ニキビ跡


ホーム RSS購読 サイトマップ

先頭へ戻る